2014年08月11日

人の記憶

人間が記憶をしようとしたと時、一時的な記憶と、長期的な記憶に分かれます。

漢字や英単語などを覚えようとした時、何回も書いて覚える人もいますが、
短い時間で覚えても、一時的な記憶は忘れてしまいます。

その一時的な記憶を長期的な記憶に変えるには、忘れてしまう前にもう一度覚える。

一時的な記憶は15秒ぐらいで、30秒ぐらいで忘れてしまいます

だから、30秒後にもう一度覚える。すると脳が、これは一時的な記憶ではだめだと思い
長期的な記憶に変わって行きます。

こうすると、覚えやすくなります

同じ時間勉強したとしても、一時的な記憶でやった人と長期的な記憶でやった人とでは
結果は大きく違います

何回も書いて覚えても、一時的な記憶だと1時間やったとしても本人がやったつもりになっている
だけなのです。
posted by ヨーォ at 01:39| Comment(0) | 人の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。